コレステロールとは?と聞かれてはっきり答えられますか?

体に悪いもの!と思われている方も多いようですが、溶血性毒素の攻撃から守ってくれたり、ビタミンDなどを合成したりと、ないと困るんですよ!

コレステロールとは?


⇒『緑でサラナ』公式サイトはこちら
コレステロールとは?を知るためにはコレステロールの役割を知ることが手っ取り早いので、コレステロールの役割について触れてみたいと思います。

細胞膜を作る
栄養分の分解
栄養を吸収する胆汁酸の合成を体内で行う
筋肉を作るホルモンの合成

コレステロールは基準値以下でも問題なことがお分かりいただけたかと思います。
一般的に「コレステロールが・・・」と言われる場合は基準値以上の場合に使いますよね??
コレステロールが基準値より高いと血液がドロドロ、動脈硬化症のリスクが高くなるといったマイナス面が大きいです。
皆様もご存知のように、コレステロールには・総コレステロール・LDLコレステロール・HDLコレステロールがありますが、健康状態を判断する場合は総コレステロールではなく、LDLコレステロールで判断されます。
また中性脂肪はLDLコレステロール値が高い方はこちらも高い場合がほとんどなので、このサイトでは中性脂肪についても扱っています。

コレステロールとは 厚生労働省

コレステロールとは動脈硬化のリスクを高めるものとして取り扱われていますが、厚生労働省が食事制限をしてもコレステロール値は変わらないとし、食事摂取基準からコレステロールの基準を撤廃しています。

コレステロールが高い食べ物とは

コレステロールが高い食べ物としては、卵が身近なものではないでしょうか?イカなんかも実はコレステロールが高いと言われる食べ物です。

ですが、厚生労働省が食事制限をしてもコレステロール値は大きく変わらないと言っているように、たくさん食べなければ問題ないんです。食事から取った栄養がそのまま体に吸収されるわけじゃないですしね!

コレステロールは悪いもの?

コレステロールは悪いものと思っておられる方も少なくありません。確かにコレステロールが基準値より高いのは良くないですが、コレステロールは血管やホルモン、細胞膜の維持、消化酵素の合成など、無くてはならない物質です。

コレステロールはタンパク質、炭水化物と同じくらい大事な栄養素で、3大栄養素と言われるほど重要な栄養素なんですよ!基準値より低くても、体の維持の支障をきたすので、基準値内に入っていることが大事です。(少ない人を未だ見たことないですが・・・)

コレステロールが低いとどうなる?

コレステロールが低い免疫力の低下神経伝達に障害消化不良で下痢など、さまざまな体調不良を起こします。

コレステロール値が高い方はサプリメントなどで下げようとされる方もおられるかと思いますが、飲み続けたからといって、コレステロール値が下がりすぎたなんて話は聞いたことがないので、そのまま日々の健康のために摂取されていいと思いますよ!


⇒『緑でサラナ』公式サイトはこちら