コレステロール値が高いのは遺伝が関係しているのか?
遺伝により特定の病気のリスクがあがるのでコレステロール値も調べてみました。

コレステロール値が高いのは遺伝の場合が多い

コレステロール値が高いのは遺伝の場合がおおく、家族性高コレステロール血症と呼ばれています。
その確率は500分の1とかなり多くの人が症状を受け継ぎ、日本人は遺伝性の脂質異常症の方が多いということですね。

余談ですが、アンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝子検査を受けて、ガン予防のために両方の乳房を切除したのは世界的に報道され反響を呼びましたね。

乳がん卵巣がん約10%が遺伝性なので、その後アンジェリーナ・ジョリーさんは卵巣まで摘出されています。

アンジェリーナ・ジョリーさんは遺伝子検査を受けた結果、乳がんになる可能性が87%と非常に高かったためですが、事前に自分がかかりやすい病気を知ることで、どう備えるのかという選択肢がたくさんあるうちに自分と向き合うと心の準備が出来るのではないかと思います。

遺伝子検査ってどうやるの?

遺伝子検査というと病院でいろいろと検査を受けて大変じゃないの?と思われる方もいますが、最近は遺伝子検査キットを使って簡単に調べることができます。

やり方はとっても簡単!唾液を採るだけ

 

たったそれだけ?

 

たったそれだけなんです。時間もかからないし、痛みもありません。

でもそれだけのことで最大280項目の病気と体質の遺伝的傾向が分かるんです。

 

アンジェリーナ・ジョリーさんのようにに病気になってから直すのではなく、病気になる前に予防することも大事ですよね?

病気を患ったら治療が難しい病気は特にそう思います。

 

自分がかかりやすい病気がわかって不安になるかもしれませんが、不安だからこそ日頃から健康に留意することで病気を未然に防ぐことが出来るかもしれません。

もし、遺伝子検査を受けて検査結果の見方がわからない場合はフリーダイヤルにお電話すると遺伝子の専門家の方が丁寧に答えてくれますので、ご安心くださいね!

遺伝子検査のやり方

こちらの唾液を採るだけの遺伝子検査キットのやり方です。
↓↓↓
1.検査キットを購入

2.唾液を採取して、同意書と一緒にポストへ投函

3.検査結果の確認
とっても簡単でしょ?検査結果はだいたい1ヶ月後にweb上で見ることができますよ!