中性脂肪が高くなる原因はいろいろあると思いますが、特定の食品で中性脂肪が高くなるのか?というテーマで今回は勧めていきたいと思います。

中性脂肪が高い原因 食品

中性脂肪が高い原因として、特定の食品が問題になることはあるのか?

コレステロールを多く含む食材として卵やイカが挙げられまずが、これを食べると中性脂肪が高くなる原因になるのかについて掘り下げていきたいと思います。

⇒コレステロールが気になる方に『緑でサラナ』公式サイトはこちら

 

コレステロールが高くなる原因 食品 卵

コレステロールが高くなる原因に食品で卵という人は多いのではないでしょうか?

卵は普段よく食べる鶏の卵だけでなく、魚卵(いくら、キャビア、明太子、うずら)など、卵は基本的にコレステロールの多い食品なので、卵を控えないといけないとなると食事が大変・・・

調べた結果、厚生労働省が過去に大規模調査を行っていました。

その結果、卵の摂取と心筋梗塞の発生には関係が認められなかった!

心筋梗塞とコレステロールは密接な関係にあるので、中性脂肪が高い人でも食べないほうがいいということはないようです。

コレステロールが高くなる原因 食品 イカ

コレステロールが高くなる原因の食品として、イカもコレステロールを多く含みます。

知らない人はビックリされるんですが、魚介類ってコレステロールを多く含む食品なんですよね~エビとかも。

イカはタウリンを多く含むけど、食べてもコレステロールを相殺してくれるから大丈夫!なんて情報もありますが、その他の魚介類は控えたほうがいいのか?

コレステロールの高い原因に食品はあまり関係ないんです。

 

じ・つ・は・・・
コレステロールは栄養の吸収や分解筋肉を作るホルモンの合成細胞膜をつくるために、ある程度は毎日必要です。

で、コレステロールの高い食品は控えたほうがいいという噂?もありますが、一日に必要なコレステロールのうち食品からは20~30%で残りの70%くらいは体内で合成されているんです。

 

つ・ま・り・・・
食事制限をしても中性脂肪は大きく変わらない

 

過剰に食べなきゃ2,3割しか吸収されないから大丈夫なんです。

私は、いちいち食事の気をしたくないので、いつもこれを持ち歩いて必ず1日1本は飲むようにしています。


⇒『緑でサラナ』公式サイトはこちら

 

でも、それは食品であって、ハンバーガーとかのジャンクフードばかり食べてたら中性脂肪は高くなりますよ!

普段外食が多い方、ジャンクフードが好きな方、食生活が気になってる方はみんな飲んでますよ!